ニュース・エンタメ

砂間敬太の経歴は?高校や大学!小学4年から不登校だった理由は?

砂間敬太 経歴

 

不登校だったイケメン水泳選手の砂間敬太さんが、
どうして水泳の代表選手になれたのか?

砂間敬太さんの高校や大学の経歴や、
不登校だった理由、水泳の成績も紹介します。

砂間敬太さんの経歴は?

プロフィール

イトマン東進所属
名前:砂間敬太(すなま けいた)
出身:奈良県大和郡山
高校:天理高校
生年月日:1995年5月8日
身長&体重:180cm 78kg

水泳を始めたのは3才

親のすすめで、大和郡山にあるスイミングスクールの「イトマン大和郡山校」に入ります。

小さい頃から水泳をはじめると、肺活量や身体の成長にも良いので、親としては習わせたい人気スポーツの一つですね。

子供の時の吸収力は凄いので、難しい背泳ぎやバタフライなんかも、マスターするのが早いですよね。

そして、運動能力の上がるので、
幼い頃の習わせるにはもってこいです!

3才から始めた水泳も、5年後の8才、
小学校2年生で全国大会に出場しています。

全国大会に出れるくらいの良いタイムを
出していたんでしょうね!

しかし…

10才の小学校4年生の時に不登校に。

砂間敬太さんが不登校だった理由は?

水泳を頑張っていた砂間敬太さんが、
どうして不登校になったのか?

その理由は、
砂間敬太さん曰く、

「行きたくなかったから」だそうです。

また、

水泳の試合で学校を休む時が多々あり、

その度に、同級生からなぜ休んだの?
と聞かれるのが嫌だったのかと、

昔を振り返るとそう思ったそうです。

で、この時に水泳も辞めています。

文部科学省の過去のデータによると、
小学校の2校に1校、不登校児がいて、
318人に1人となっているようです。

 

 

親としては、とても心配ですよね。

本人が行きたくないと言っているのを、
無理やり行かしても辛いだけですからね。

 

私が中学生のころ、同級生が急に不登校になったことがあります。

友達がいない訳でもなく、部活も入ってましたし、イジメられるようなこともなかったので、当時は不思議に思っていました。

また、1年に1回か2回、登校することがあるのですが、その時も普通にしていましたし、周りも普通に迎えていました。

むしろ、みんな心の中では、
「会えた嬉しかった」
という思いだっと思います。

話を戻して・・・

 

しばらく何もしないでいると、太ってきたので、砂間敬太さんは水泳を再開します。

 

学校は不登校ですが、スイミングスクールには練習に通っていました。

 

不登校は中学でも続き、
入学してしばらく通い、

その後は
3年生まで行ってなかったようです。

 

しかし、高校で転機が!

砂間敬太さんの高校は?

砂間敬太さんは天理高校に入学します。

そこは寮に入らなければならない寮制でした。

なので、行きたくないけど、

「休めない」という状況になって、
学校に行くようになり、
不登校も終わったようです。

 

ここが転機ですよね!

もし、高校に行きたくないと強く思っていたら、寮を出るか、高校をやめるか、家に帰るか、となっていたら、

人生が変わっていたかもしれませんからね。

そして、

砂間敬太さんが水泳を続けてこれたのも
水泳部の顧問の山本良介先生がいたからだそうです。

 

 

とても親身になって相談に乗ってくれる、
見た目は怖いけど、優しい先生だったようです。

山本良介先生に出会えて本当に良かったですよね!

 

そして…

 

砂間敬太さんの大学は?

砂間敬太さんは中央大学法学部に入学。
法学部は偏差値60以上。

頭も良いですね!

イケメンでスタイルも良く、頭も良いなんて

羨ましい限りです。

で、気になるのが彼女ですね。

彼女がいたのか、いなかったのか。

それは情報がありませんでしたが、
大学でもモテていたようです。

やっぱりそうですよね。
モテないはずかない!

納得です。

大学を卒業後は、株式会社ナガセに入社

株式会社ナガセは、
イトマンスイミングスクールやを東進ハイスクールや東進衛星予備校などを運営している会社です。

砂間敬太さんの主な水泳の成績は?

砂間敬太さんの中学時代の大会と成績

中学時代は不登校の時期でしたが、
大会では素晴らしい成績を収めています。

全国中学校水泳競技大会

・200m 背泳ぎ 2位
・1500m自由形 優勝

全国JOCジュニアオリンピックカップ

・春季・夏季:100m背泳ぎ 優勝
・春季 200m背泳ぎ    3位

砂間敬太さんの高校時代の大会と成績

天理高校の寮に入り、素晴らしい顧問に出会い、
まさに人生の転機となった時期ですね。

インターハイ
・100m背泳ぎ     6位
・200m個人メドレー  3位

国体
・100m背泳ぎ     優勝
・200m個人メドレー  優勝

・世界ジュニア選手権

・400mメドレーリレー 優勝
・200m背泳ぎ     2位

ほか。

砂間敬太さんの大学時代の大会と成績

ワールドカップ2015ドバイ大会
・200m個人メドレー 優勝
・400m個人メドレー 2位

日本学生選手権
・200m背泳ぎ   優勝

日本選手権
・200m背泳ぎ    3位

ほか。

砂間敬太さんのナガセ入社後の大会と成績

アジア選手権
・200m背泳ぎ 3位

パンパシ水泳
・200m背泳ぎ 5位

ほか。

まとめ

砂間敬太さんの経歴や、
高校や大学、不登校だった理由
について紹介しました。

砂間敬太さん曰く、不登校になったのも、
水泳を辞めて、また再開したことも、
すべてが良い経験、とプラスに考えていて、

 

満足しているとのこと。

また、オリンピックで金メダルをとって、
親に恩返しをしたいそうです。

これからの活躍を楽しみにしています。

最後までご覧いただきありがとうごさいます。