ニュース・エンタメ

谷田育生の経歴(高校や大学)は?年収や会社の事業内容は?

谷田育生 経歴

 
 

谷田育生さんの経歴が気になったので調べてみました。

なんでも、「社長が遊べば会社が儲かる~」という
出版された本があります。

「週6日遊んで70億円の資産を築いた経営者のストーリー」
なのですが、これを聞くと夢がありますよね!

でも、やはり度胸がないと、
普通の人には怖くてできないのではないでしょうか。

ここでは谷田育生の高校や大学の経歴や、
年収、どんな事業をしてるのか紹介します。

谷田育生さんの経歴は?

谷田育生 経歴

プロフィール

名前:谷田育生(たにだいくお)
生年:1954年
年令:65才
出身:三重県
株式会社宝輪の取締役会長

1972年に高校を卒業後、
谷田運送有限会社(家業)に入社。

1984年に株式会社宝輪に社名を変更。

1972年に谷田育生さんが入社してから
5年間は運送業務を担当。

その後、28才で取締役社長に。

谷田育生さんは運送業は燃料代、
ガソリン代がかかる。

なので、ガソリンを買い、
自社のトラックも給油できるスタンドを作る考えに。

ですが、
普通に買うとオイルマネーで大きく変動するので、
WTI原油先物取引を使って

10年間、同じ価格で
取引をできる契約を結ぶます。

こういった行動が成功に繋がったようです。

この行動には谷田育生さんの勝負勘があったから、
過去の経験から行動されたことということです。

凄いですよね!

運送業が上手く行っていて、
燃料に経費がかかるとなると、
ガゾリンを買うという発想。

そこには、大きな資金が必要ですし、
失敗すれば終わり、
本当にギャンブルですね。

谷田育生さんだからできた。
そう思ってしまいす。

その後は、自動車リース会社をM&Aし、

自社のトラックの点検や整備にも使いながら、
さらに投資してリース業を拡大と、

楽しみながら事業をされている
そう感じますね。

28才で社長に就任してから55才で社長退任。
現在は娘さんが全事業を引き継いでされているようです。

谷田育生さんの娘、3代目宝輪社長

蕪竹理江さんの経歴はこちら

そんな経歴を持った谷田育生さんは、
どんな高校に通っていたのか?

高校や大学はどこ?

谷田育生 経歴
谷田育生さんの出身高校を調べて見ましたが、
情報はありませんでした。

出身が三重県で
会社が鈴鹿市にあるということから、

高校で県外に出ていない限り、
鈴鹿市内の高校に
通っていたのかもしれません。

また、高校を卒業して、
すぐに家業の運送会社に就職されていますので、
大学進学はされてないようです。

大学に行ってなくても
素晴らしい経営者さんは
たくさんいますし、

本人の努力次第で人生は変わる、
楽しむことができるんですね。

谷田育生さんの会社の事業内容は?

谷田育生 経歴

谷田育生さんが出版された本、

「社長が遊べば会社が儲かる~
週6日遊んで70億円の資産を築いた経営者のストーリー」

がありますが、
どのような会社を経営されていたのでしょうか?

調べてみると、

・貨物自動車運搬事業
・構内物流事業
・不動産賃貸授業
・ガゾリンスタント事業
・自動車リース、販売、整備業
・建築工事業

これだけ多くの事業をされてきました。

社長になった28才から娘に経営を任せる55才まで
会社を成長させています。

しかも、谷田育生の感覚的には、
遊びながらというから驚きですね。

運送業からすべての事業が
繋がっているように思います。

投資をしながらコストも削減していく
そういったことも考えられていますね。

谷田育生さんの年収は?

谷田育生 経歴
谷田育生さんの年収の年収を調べてみましたが、
公表はされていませんでした。

社長だから自分で給料が決まられる?
たくさん貰える?と思ってしましますが、

社長の給料の決め方というもあって、

・自分の給料を減らして運営の資金にする。
・税金を減らすための給料設定にする。

など、

他にも法人税と社長の所得税の
総和を最小にするなど、

その会社の社長がどのように考えているかで、
社長の給料、役員報酬が変わってきます。

これだけ複数の事業をされているので、
年収は2~3千万円、

もしくは
それ以上はあるのではないでしょうか?

まとめ

ここでは谷田育生さんの経歴や学歴、
事業内容や年収などについて紹介しました。

家業を引き継ぎ、事業を拡大させ、
そして、娘にバトンタッチと、
本当に成功されていますね。

これには言われてるように、
谷田育生さんのギャンブル、
勝負勘というのもありますが、
気持ちの強さもあると感じました。

娘さんもやり手のようで、
これからの活動も楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうごさいます。